水漏れが更に大きなトラブルを招く恐れあり|早期対策が問題を防ぐ

つまりの原因

お手洗い

家で使う水回りの中で、トイレは1番使用回数が多いところです。そのためにトラブルは発生しやすい場所でもあり、ラバーカップ(スッポン)などを使用することによって自分で修復させることも可能ですが、つまり方によってはプロの業者さんにしか修理できないケースや、つまりによって起きる水漏れなどの被害はトイレだけではなく、浸水による床の腐食などにもつながりますので注意が必要です。つまりの主な原因の1つにトイレットペーパー以外のものを流してしまうことが挙げられます。トイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを利用することや、介護用のおむつやペットのトイレ用の砂などはつまりの大きな原因になります。たとえ水に溶けるとのキャッチコピーがある商品でも注意が必要です。原因の異物だけではなくトイレのタンクにペットボトルを入れることにより、充分な水量が確保できなくなってしまい、流しができなくなってしまうケースや、タンク内に異物を置いてしまうことによって不具合が生じやすくなってしまいます。トイレットペーパーを大量に流してしまうのも問題です。一度に大量に使用することや、紙を何重に巻いてしまうことでトイレットペーパーが水に分解されなくなってしまい、つまってしまします。その点に気をつけることによってトイレのつまりのトラブルは大きく軽減されることでしょう。使用することが多いトイレだからこそ、トラブルよって割かれる時間や費用の問題は最小限にしておきたいところです。